アライグマの危険性|アライグマ駆除専門業者を利用!害獣駆除業者が困ったときに頼りになる

アライグマ被害と一緒に知っておくべき危険性を紹介!すぐに駆除するのが一番

アライグマの危険性

アライグマ

感染症の恐れ

野生のアライグマは感染症を媒介してしまうことがあります。駆除せずに放置してしまうと、様々な感染症を発症してしまうことがあるのです。感染症の種類としては、狂犬病やレプトスピラ症、アライグマ回虫などがあります。この中でも危険なのがアライグマ回虫です。これは人間にも感染する寄生虫で、脳障害を引き起こします。外国ではアライグマ回虫によって死亡する人もいるほどなのです。また、国内でもアライグマ回虫に感染したアライグマが発見されています。さらに、アライグマに噛まれてしまうと狂犬病を発症する恐れもあるでしょう。命に関わる感染症をもたらす害獣なのです。

住宅を荒らす

基本的にアライグマは、住宅の屋根裏などに巣を作ります。断熱材などを好む習性があるのです。また、アライグマの場合、糞尿を排泄する場所が決まっています。そのため、天井を腐らせてしまうこともあるのです。天井が腐ってしまうと、そのまま抜け落ちてしまうこともあるでしょう。とても危険な状態です。また、ダニやノミも増えてしまいます。細菌感染症も引き起こしてしまうでしょう。感染すると、全身がダニやノミに刺されて痒くなってしまいます。被害は天井裏だけにとどまらないのです。また、衛生環境が悪化すると、気管支炎などを発症してしまうこともあります。さらに、電線や配線などを破壊することも珍しくはないのです。

駆除後の被害

アライグマは駆除をした後にも被害をもたらしてしまうことがあります。多くはダニやノミによる被害です。ノミはアライグマと一緒に住宅にやってきます。元の宿主であるアライグマが駆除された場合、人間に寄生するようになるのです。ノミに吸血されると痒みを伴います。全身に痒みが襲ってくるのです。その痒みによって、睡眠不足に陥る原因にもなるのです。このような二次被害を防ぐためには、専門の駆除業者による徹底した消毒や清掃が必要となります。アライグマの駆除を行った後の消毒や清掃を怠ってしまうと、このような二次災害を引き起こすリスクが高まるのです。ノミは感染症も媒介するので、アライグマと一緒に駆除しましょう。

広告募集中